Colabo問題

Colabo問題まとめ「深い闇から明るみへ」

ColaboColabo問題

仁藤夢乃Colaboの会計報告に不正があったなどとする住民監査請求を受け、都監査委員は、会計の一部に不当な点があると認めた。この記事ではColabo問題まとめとして、問題の本質、主要人物、今後の展開を独自の情報網で得た関係者情報等を交えてお伝えします。

Colabo問題まとめ、問題の本質

Colaboは、一般社団法人であり、仁藤夢乃さんが代表を務める団体。活動内容は、性暴力や虐待などを受けた若年層を支援する事業を東京都から受託するものです。東京都から受託しているので、税金が使われているということ。

それを踏まえた上で、今回、住民監査請求が通ったのです。住民監査請求が通ったのは2016年8月以来。この時点で、かなり問題視されていると言えます。

住民監査請求の結果は以下の通り。

Colabojyuuminkansaseikyukekka

上記の報告書が示すとおり、経費の精算に不当な点が認められ、令和5年2月28日までに必要な経費の実績額の再調査を命じられました。

Colabo問題まとめ、報道されない

日本のマスコミがColabo問題を報道しないことが問題になっていました。

今日になって、加藤厚労相がColabo問題について言及。ただ、マスコミ報道はないようです。やっと重い腰をあげて報道し始めたと思っていましたが、まだまだ、腰は重いようです。ますます、何かあるとおもわざるおを得ません。

上記のツイートから新聞社の報道の仕方が二分している理由がわかります。

とても重要な問題にもかかわらず、各紙の報じ方が二分している状況。

一方は、

主張の大半は「妥当ではない」と退ける監査結果を公表した。一方で、コラボの経費精算に一部不当な点があるとして都に再調査を指示。不適切な委託料があれば返還請求するよう求めた。

引用元:東京新聞

かたや、

都監査委員が、受託団体の経費計上に不適切な点があるなどとして都に2月末までの再調査を勧告した。4日、明らかにした。都への住民監査請求で「請求人の主張に理由がある」と認められたのは2016年8月以来。

引用元:朝日新聞

東京新聞の論調では、不当な点はなかったような印象を与えるが、朝日新聞の論調からは、疑わしい点がたくさんある印象を受けます。

Colabo側と住民監査請求を要求した側でバトルが勃発しているようですが、どちらの主張が妥当かは、住民監査請求の結果が出てからの発言を見れば一目瞭然です。

税金を使っている事業だけに、不当な点は明らかにする必要があります。決して曖昧な決着はゆるされません。問題の本質は、Colabo側や東京都がこの問題をあやふやな状態で幕引きしようとしていること。2月28日には、はっきりした結論がでることを願ってやみません。

時間稼ぎという見方も出ています。時間稼ぎして、とかげの尻尾切りするのかな。国、東京都、共産党、都合よく使って都合が悪くなるとポイ捨てなんて酷すぎ。とても人間とは思えません。

この後、Colabo代表の仁藤夢乃さん、住民監査請求を要求した暇空茜さんの主張なども紹介していきますね。

Colabo問題まとめ、登場人物

仁藤夢乃(Colabo代表)プロフィール

一般社団法人Colabo代表

1989年12月19日、東京都町田市生まれ。

妹は元AKB48の仁藤萌乃、不仲な両親に育てられ、荒れた青春時代を過ごす。高校時代は昼夜逆転の生活をしていた。

最終学歴は、明治学院大学社会学部卒。

暇空茜プロフィール

日本のブロガー、ゲームクリエイター

40代、男性で、本名は水原清晃(みずはらきよてる)。

ネットゲームにはまりすぎて、東大寺学園高校を中退するも、突然危機感を覚え近畿大学入学、卒業。ゲームにはまりすぎてるときは、人間とは思えない生活をしていたようです。今は、総資産が6億円ほどの大成功者になっています。

Colabo問題まとめ、住民監査請求を受けての2人の反応

仁藤夢乃さんは、いかのようにツイートしてます。「会計不正」はなかったとしてますが、不適切な点があったのは事実です。再調査の結果がでないことには、不正がなかったとはいいきれません。

 

一方の暇空茜さんは、「Colabo不適切経費支出事件」の解説をツイートしています。極めて冷静に今回の件をみている証拠です。

Colabo問題まとめ、ひろゆき、ネットの反応

ひろゆきさんのツイートが話題になってますね。Colabo側は、仁藤夢乃さん、弁護士ともに勝利したとしていますが、再調査を命じられてる以上、勝利ではないですね。ひろゆきさんが「日本語わからなくなちゃった?」と言うのも頷けます。

手を差し伸べてくれる人がいるにも関わらず、聞く耳を持たないのは悲しいことです。

「三つ子の魂百まで」なのかもしれないですね。

この問題の闇は本当に深いようです。マスコミが報道し始め、ツイッターでもトレンド入りするくらいまできたんですね。早くなんとかしなければと思っていた人たちにとっては、やっと来たという感じなのでしょう。

Colabo問題ツイッター、Colaboは反社か。

デイリー新潮が暇空茜さんの独占インタビューを敢行し、報じました。暇空茜さんは、徹底抗戦する構えです。過去にも、もといた会社と最高裁まで争い、6億円をゲットしているだけに徹底的にやることは確実です。

さらに、7000万円の支援金を集めています。億に届く勢いらしいので資金も十分と言えるでしょう。どういう結末になるのか目が話せません。

まさにこんな感じです。困っている女の子達を助ける団体が反社になるのは許せません。人助けという仮面を被ることで、周りの応援を得ようとしても、いつか仮面は剥がされるでしょう。

暇空茜さんは、インタビューのなかで「僕は漫画が大好きなんで、この作品を燃やす行為にすごくムカつきました。」と語っています。漫画家や芸術家が一生懸命作った作品を燃やすというのは、まさに反社の行為です。

神原弁護士などが、燃やしていいと言っているとしたら、弁護士のなかにも反社がいるということ。弁護士さんに依頼するときは、気をつけて選ばなければですね(笑)。

15歳から反社やっていたんですね。その流れて、表向きは人助け団体だけど実態は反社っていうことなのでしょうか。

https://twitter.com/d_fsharp_a_c_F/status/1610741179154567169

Colabo問題海外、忖度ない報道

Colabo問題を日本のメディアは、やっと報道し始めました。海外もColabo問題を報道していますが、日本と違って忖度のない報道をしています。この報道内容の違いをみると、やっぱり日本のマスコミは大きな力にコントロールされているように見えてなりません。

そして、多くの日本国民がマスメディアにコントロールされている事実。もちろん、気づいている人たちもいますが、、、

SNSが発展して本当によかった。もし、SNSがなかったら、もっともっとコントロールされ、どうなってるかわからない。それは、お隣の国を見ればよくわかる。選挙に行かなくても、SNSでたくさん意見いったほうがいいかもしれないですね。

ハッピーはげ

コメント

タイトルとURLをコピーしました