毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則

ちょっとしたアイデアで毎日の生活を楽しくする!

毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則
Pocket
LINEで送る

社交ダンスのペアを組むとき身長差はどのぐらいまでがOKなの?

2018年07月30日 [ 社交ダンス ペア 身長 ]
社交ダンスのペアの身長差
Pocket
LINEで送る

 

社交ダンスでペアを組むとき

 

どのぐらいの身長差が

最適なのでしょうか?

 

組みたいと思っていても身長が

あわないので断念するということが

多々あります。

 

ここでは、社交ダンスのペアは

どのぐらいの身長差がよいのかについて

考えてみましょう。

 

「早くカップルを組みたい方は、こちらの記事をどうぞ」

社交ダンスでカップルを組みたい人が読んでおきたい記事3選・出会いの法則

 

社交ダンスのペアを組むとき身長差はどのぐらいまでがOKなの?



社交ダンスではどんな身長差のペアがいるの?

 

相手を探すとき、身長を考慮して

探しはするものの、なかなかうまく

いかないこともあるでしょう。

 

ある程度のカップルバランスの悪さを

覚悟して組むカップルのほうが

多いのかもしれません。

 

一般的には、男女の身長差が10cmぐらいが

最適と言われていますが、そんな理想的な人が

目の前にあらわれることは稀でしょう。

 

男性より女性のほうがちょっと低いか、同じ

ぐらいなら御の字です。

 

競技でなければ、身長が逆転していたり

かなりの身長差があっても踊れます。

 

競技でも、もちろん踊ることができますが

審査にルックスはつきものですから

よっぽどうまくカバーすることができなければ

ハンディキャップになる可能性があります。

 

社交ダンスのペアを組むとき身長差はどのぐらいまでがOKなの?

社交ダンスで身長差があると不利なこととは?

 

では、社交ダンスで身長差があると

何が不利なのでしょうか。

 

競技会においてはやはりルックスは

とても重要です。

 

とくに予選ラウンドでは、審査員の先生は

たくさんのペアを見ます。

 

そのときに審査員の目に入らなければ

点が入ることはありません。

 

そういった意味で、まずは審査員の目に

入る存在であること。

 

次に、目に入った場合、スルーされないこと。

 

目には入ったけど、ちょっとと

思われたら点は入りません。

 

なので、身長差があっても踊りが

華麗に見えれば、問題ないでしょう。

 

ただ、同じレベルの二組のペアが

いて、あと一組だけ選ぶというようなとき

審査員がどこを見るかです。

 

身長差があることで、華麗さが失われて

いるようなら、審査員はもう一方のペアに

得点を入れるでしょう。

 

こればかりは、主観もありますし、考え方も

あります。

 

ですので、身長差があるペアは逆転の発想で

身長差があるからこそできる踊りをするべきです。

 

カップルバランスがちょうどいいペアには絶対に

まねすることができない踊りを目指すことで

不利を有利に変えることができるでしょう。

 

社交ダンスのペアを組むとき身長差はどのぐらいまでがOKなの?

世界の身長差カップルにみる克服術

 

 

この動画のペア、とても身長差があります。

 

でも、このお二人の踊りは素晴らしいですね。

 

世界チャンピオンまでのぼりつめた

ティモシー・ホーソン、ジョアン・ボルトン組。

 

これだけの身長差があっても、世界チャンピオンに

のぼりつめることができたペアが現実にいる

ということは、身長差があってもいい踊りを

することは可能だということ。

 

人類の歴史上、だれか一人ができたことは

みんなできるようになるという法則が

あります。

 

例えば、陸上のウサイン・ボルト選手が

100メートルを9秒台で走りました。

 

それまでは、人間がそんな速さで

走れるわけがないと誰もが

考えていたでしょう。

 

でも、今はどうでしょう。

 

ウサイン・ボルト選手が9秒台を

達成した後に、何人もの選手が9秒台を

記録しています。

 

そうなんです。

 

先人ができるようになったことは

かならず、みんなできるということ。

 

社交ダンスのペアを組むとき身長差はどのぐらいまでがOKなの?

社交ダンスのペアを組むときの身長差まとめ

 

ここで言えることは、身長差を

考えてペアを決めるのはいいこと。

 

けれども、もし身長差のある人とご縁が

あった場合、前向きに考えて組んでみる

のもいいのではないでしょうか。

 

元世界チャンピオンの

ティモシー・ホーソン、ジョアン・ボルトン組が

示してくれたように、身長差があっても

素晴らしい踊りができるのです。

 

身長差だけにしばられてがんじがらめに

なっているとしたら、とてももったいないこと。

 

この記事を読んでくれたあなたには

ひとつの新しい考え方を取り入れることを

提案します。

 

社交ダンスでカップルを組みたい人が読んでおきたい記事3選・出会いの法則

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です