毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則

ちょっとしたアイデアで毎日の生活を楽しくする!

毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則
Pocket
LINEで送る

ペットボトルに口付けして飲んだら何日までOK?リスクと対処法

2018年08月13日 [ ペットボトル 口付け 何日 ]
ペットボトルに口付けして飲むと何日まで大丈夫
Pocket
LINEで送る

 

ペットボトルは、現代社会において

なくてはならないもの。

 

とても便利ですね。

 

なぜなら、一度に全部飲みきれない場合でも

キャップをしめて持ち歩けるから。

 

でも、その便利さが逆に危険なことも

あるのです。

 

今回は、ペットボトルは口付けして飲んだら

何日まで大丈夫なのか、どんな危険があるのか等

シェアします。

 

便利なペットボトルの危険性から自分を

守りたい方は必見です。

 

「細菌から身を守るためには、免疫力を高めることも大切です。」

NK細胞を増やす食事を摂ることで免疫力を高め身体を外敵から守ろう

 

ペットボトルに口付けして飲んだら何日までOK?リスクと対処法



ペットボトル普通は口付けるよね

 

ペットボトルの飲料水を飲むとき

特に外出時は口を付けるのでは

ないでしょうか。

 

コンビニや自販機で買って、気軽に

飲むことができるのがいい。

 

みんなが当たり前のようにやっている

ことが、実は危険だったりするんですね。

 

何人かで回し飲みしているわけじゃないし

自分だけだから大丈夫なんて思いがち。

 

でも、実は思いがけない危険が潜んで

いるんですね。

 

まず第一の危険は、飲みかけのまま

キャップを閉めて持ち歩いていると

菌が増殖するということ。

 

ペットボトルに口付けして飲んだら何日までOK?リスクと対処法

ペットボトルに口付けたら何日まで大丈夫?

 

では、一度開栓したペットボトルは

何日まで大丈夫なのでしょうか。

 

もちろん、一度に飲みきってしまえば

大丈夫なのは言うまでもないでしょう。

 

実験によると、口を付けて飲んだ

ペットボトルの細菌数は常温の場合

4時間ぐらい経つと、一気に細菌数が

増えるよう。

 

なので、本当に短い時間で細菌が増える

ことがわかっています。

 

口を付けて飲んだ場合は、その日のうちに

飲み切ってしまうのがいいでしょう。

 

職場や自宅などにもどることができるなら

冷蔵庫に入れることで、菌の増殖速度を

遅らせることができます。

 

ペットボトルに口付けして飲んだら何日までOK?リスクと対処法

ペットボトルには、どういう危険があるの?対処法は?

 

細菌が増えることによる危険は言うまでもなく

健康被害です。

 

とは言っても、すぐに食中毒になるかと言えば

それはわかりません。

 

一般財団法人「日本看護研究学会」は以下の様な

指摘をしています。

 

「保存方法によっては飲料水基準を満たさず、衛生学的に問題である」

 

このリスクに対処する一番簡単な方法は

一度にすべて飲み切る、口を付けて

飲まない、なるべく冷蔵すること。

 

できるかぎりコップ等に移して

飲むようにしましょう。

 

細菌が増えること以外にもペットボトルには

リスクがあります。

 

それは何かというと、飲みかけの

ペットボトルを長期間放置することによる

破裂の危険です。

 

なぜ破裂するのかというと、口から入った

微生物により二酸化炭素が作られ、圧力が

上がってしまうから。

 

破裂した際にペットボトルのキャップが

あたってケガをしてしまったという事例は

少なくないのです。

 

なので、飲み残したまま長い間置きっぱなしに

なっているペットボトルには要注意。

 

この危険を防ぐ方法は、言うまでもなく

飲み残したまま置き忘れないように注意

すること。

 

また、飲み残して時間がたってしまった

ペットボトルは開けないようにしましょう。

 

ペットボトルに口付けして飲んだら何日までOK?リスクと対処法

まとめ

 

ペットボトルには2つの危険があることを

お話ししました。

 

一つ目は、菌が増殖すること、二つ目は

破裂することです。

 

両方のリスクに対して言えることは

口を付けて飲まないほうがいいということ。

 

しかしながら、外出時等はなかなか難しい

でしょうから、できるだけ短時間で飲み切って

しまうのが最良の策と言えるでしょう。

 

今回はペットボトルについてお話ししましたが

便利なものには、必ずリスクがあるということを

覚えておいて下さい。

 

そして、リスクを理解した上で、キチンと

使うことで安全が確保されます。

 

「細菌から身を守るためには、免疫力を高めることも大切です。」

NK細胞を増やす食事を摂ることで免疫力を高め身体を外敵から守ろう

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です