毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則

ちょっとしたアイデアで毎日の生活を楽しくする!

毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則
Pocket
LINEで送る

ゾゾタウン前澤社長の資産と新興IT会社社長の驚きの資産ベスト6傑

2018年08月26日 [ ゾゾタウン 社長 資産 ]
ゾゾタウン前澤社長の資産
Pocket
LINEで送る

 

ゾゾタウン前澤社長は、なにかと話題に

なっていますね。

 

剛力彩芽さんとの交際、新球団設立に向けての

動き等、本当に話題には事欠きません。

 

ゾゾタウンと言えば、ITを駆使して

大躍進した会社。

 

ITを駆使して大躍進した会社は、ゾゾタウン

だけではありません。

 

そこで、今回は新興IT企業の社長が

どのくらいの資産を持っているものなのか

調べてみました。

 

世の中の変化についていきたい

遅れを取りたくないというあなたは

必見です。

 

「同カテゴリーの記事も、合わせてご覧下さい」

 

ゾゾタウン前澤社長の資産と新興IT会社社長の驚きの資産ベスト6傑



ゾゾタウン前澤社長の資産は?

 

ベスト10を見る前に、ゾゾタウン前澤社長の

資産を見てみましょう。

 

プライベートジェットでのワールドカップ観戦や

2機目のプライベートジェットの購入が

ニュースになったので、大体の想像がついてる

かもしれませんね。

 

そして、新球団設立にも動いており

あのホリエモンこと堀江貴文さんが

新球団設立のキーマンを紹介した

という報道も。

 

ゾゾタウン前澤社長の資産は、フォーブス誌の

調べによると、約2400憶円とのこと。

 

凄すぎて、どのぐらいの金額なのか

想像がつきません。

 

これでも、日本人では20位前後ということ。

 

ということは、ゾゾタウン前澤社長の

2400憶円を超える資産を持つ人が

20人前後いるのです。

 

事項では、そんな凄すぎる人達のランキングを

見てみましょう。

 

ゾゾタウン前澤社長の資産と新興IT会社社長の驚きの資産ベスト6傑

ゾゾタウン前澤社長を含む新興IT企業社長の資産ランキング

 

フォーブス誌が発表する資産ランキングには

新興IT企業の社長さんもいれば

老舗企業の社長さん会長さん等も

いらっしゃいます。

 

その中で、新興IT企業と考えられる企業の

社長さんをピックアップしてみましょう。

 

第1位 孫正義(ソフトバンク)

2兆2930億円

 

孫さんは、誰もがご存じでしょう。あなたも

ソフトバンク社の携帯を使っているかも

しれませんね。

 

第2位 柳井正(ファーストリテイリング)

2兆210億円

 

柳井さんは、ユニクロの社長と言ったほうが

わかりやすいでしょう。

 

こちらも、説明するまでもないですね。

 

1位、2位は2兆円を超える資産ということで

桁外れすぎて、どのぐらいのお金なのか

わからないぐらい。

 

第3位 三木谷浩史(楽天)

5660億円

 

2位と3位の間に開きがあるように感じますが

この間に老舗企業の社長さん等が4人ほど

いらっしゃいます。

 

上位のお二人が桁はずれなので、少なく感じて

しまいますが、いえいえ、5660億円って

どのくらいでしょうか。

 

第4位 前澤友作(スタートトゥデイ)

2830億円

 

老舗企業の社長さん等を4人挟んで、先に

紹介したゾゾタウン前澤社長が出てきましたね。

 

新興IT企業のなかでは、第4位というのは

本当に凄い、凄すぎるとしか言いようが

ありません。

 

第5位 笠原健治(mixi)

1570億円

 

mixi(ミクシィ)と言えば、SNSの先駆けですね。

 

今は、Facebook、Twitterにとって

代わられた感がありますが、新事業の展開で

まだまだ上昇しています。

 

第6位 藤田晋(サイバーエージェント)

1390億円

 

サイバーエージェントは、アメブロで有名。

 

アメブロを使っている方も

多いのではないでしょうか。

 

全体のランキングは

日本長者番付 by Forbes JAPAN

サイトを見て下さい。

 

ゾゾタウン前澤社長の資産と新興IT会社社長の驚きの資産ベスト6傑

まとめ

 

あらためて、フォーブス誌で発表された資産

ランキングを見てみると、資産額1,2位は

新興IT企業の社長が占めています。

 

間に老舗企業の社長さん達も顔をのぞかせて

いますが、老舗でも旧態依然とした企業の

社長さんたちは、消えていると言えます。

 

ここで取り上げた6傑の企業は、いずれも

いち早くIT技術に目をつけ、最大限IT技術を

活用している企業ばかり。

 

時代がものすごいスピードで移り変わって

いることを物語っています。

 

これは、日本ばかりではなく、世界中の

先進国で同じことが言えるでしょう。

 

世界の4大IT企業と言えば、Google、Apple

Facebook、Amazonです。

 

GAFAと呼ばれていますね。

 

こうした企業の良いところをいち早く

取り入れた企業が勝ち組となっている

のでしょう。

 

そうでないところは、過去に隆盛を極めた

企業であってもどんどん廃れていることは

言うまでもないでしょう。

 

ビジネスの規模に関わらず、GAFAを

良いお手本にすることは、成功するために

欠かせないのは言うまでもありません。

 

また、ここで挙げた6社もお手本にすると

いいでしょう。

 

「同カテゴリーの記事も、合わせてご覧下さい」

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です