中吉滉貴放火

中吉滉貴顔画像「意外にも端正」苦痛表に出さず

nakayoshikouki中吉滉貴放火

1月6日(金)午前、愛知県東海市で自宅の2階に火をつけた男が逮捕された。容疑者は中吉滉貴で、兄のいじわるが動機とのこと。この記事では、中吉滉貴の顔画像、家族関係、犯行に至るまでの経緯、逮捕までの経緯、その他について独自の目線から詳報する。

中吉滉貴プロフィール

中吉滉貴容疑者は、2001年6月19日生まれの21歳、無職。

母親からは、名前の由来がわからないと言われたようで、この時点で両親に恨みを持ったとしても不思議でなないですね。両親は、何を考えて中吉滉貴容疑者を育てたのでしょう。

いやがらせをしていた兄は、中吉たかひろ。

苗字は、「なかよし」ですが、家族は仲良しではなかった(笑)。

中吉滉貴顔画像

nakayoshikouki

貴容疑者の顔画像がありました。意外と端正な顔立ちです。この写真は笑顔で楽しそうに写っていますが、その裏には家族に対する恨みや鬱憤、ストレスが溜まっていたのでしょう。

中吉滉貴、犯行動機

自宅の2階にある兄の部屋のベットの上に新聞紙をのせて燃やしたようです。常日頃から兄のいやがらせを受けていて、それが溜まりに溜まって今日爆発したと語っています。放火していい理由にはなりませんが、相当強いストレスがあったのでしょう。

兄弟間のいやがらせとは、どんなものなのでしょうか。放火に至るほどの強烈ないやがらせなので、想像を絶するのでしょうね。分かり次第、追記します。

固定さらたツイッターの投稿で、「お前らはもう平坦な道は歩ませんからな」と言っていることから、自らが犯罪者になることで家族に迷惑をかけることが目的だったのでしょう。

放火時、祖父母は家にいましたが、両親、兄の3人はいなかったので、3人を殺害することが目的ではなかったのです。

祖父母が逃げて助かったので、殺人犯にはなりませんでした。ただ、殺人という重い罪を犯せば、家族を困らすことができると考えたのでしょう。放火だけでも十分罪は重く、家族全員の実名が判明しているので、中吉滉貴容疑者は目的を果たしました。

実家の場所まで、自らツイッターで告白しています。

 

中吉滉貴、逮捕までの経緯

中吉滉貴容疑者は、一旦は逃亡して行方がわからなかったのですが、火災発生から1時間後に自ら110番通報して自首しました。逃げ切れないと思ったのでしょう。懸命な判断です。

当初、逃げきれないと悟って自首したと考えましたが、上記で書いたように家族に迷惑をかけることが目的だったので、なるべく早く自分の素性を世間に晒したかったのでしょう。

中吉滉貴、家族関係

兄が弟に対していやがらせをしていたにもかかわらず、家族がとめられなかったのはなぜでしょうか。祖父母がいたようですが、見て見ぬふりをしていたのかもしれません。また、両親の情報はわかっていませんが、育て方、教育の仕方にも問題があったはずです。

本人のツイッターアカウントから、両親の名前が判明しました。父は、中吉賢一、母は、中吉朋子。両親不在のときに放火した理由は、上記に書きました。

中吉滉貴、ツイッターへの反応

放火を断罪する声より、憐れむ声や応援が多いですね。ずっといやな思いをしてきたとは言え、犯罪を犯すのは言語道断。もっと他に解決策があったはずです。それと、このような犯罪が起こる前に周りの人が気づき、助けや応援することができる世の中になることを望みます。

事件が起きてから、もっと早くなんとかできなかったのか、といつも思います。そろそろいい加減、困ってる人をキチンと救うことができるようにしないと日本は滅びるでしょう。外敵の心配より先に自滅の心配をすべきです。

外敵にとっても、自滅してくれるのが一番コスパが良くて楽なはず。お隣の国々が喜ぶことばかりしなくてもとつくづく感じます。

貴容疑者の事件、ツイートの反応から、いろいろと考えさせられます。

ハッピーはげ

コメント

タイトルとURLをコピーしました