毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則

ちょっとしたアイデアで毎日の生活を楽しくする!

毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則
Pocket
LINEで送る

与田剛が中日ドラゴンズの次期監督候補として浮上したワケ?森監督は辞任?

2018年10月07日 [ 中日ドラゴンズ 次期監督 与田剛 ]
中日ドラゴンズは与田剛に監督交代
Pocket
LINEで送る

 

中日ドラゴンズの監督問題が

慌ただしくなってきました。

 

それもそのはず、6年連続のBクラスが

決定したのですから。

 

ドラゴンズファンにとっては悲しい

できごとです。

 

そのため、森監督は3年契約の2年目ですが

辞任することが濃厚。

 

次期監督候補として、いろいろな人の名前が

上がっているよう。

 

今回は、にわかに浮上した与田剛さんに

ついてお伝えします。

 

なぜ、与田剛さんが次期監督候補として

急浮上したのか。

 

ドラゴンズファンなら、絶対に知っておきたい

極秘情報です。

 

最後まで、お楽しみ下さい。

 

「中日ドラゴンズの監督に関しては、こちらもご覧下さい。」

立浪和義が中日ドラゴンズの次期監督では?と囁かれる最大のワケ!

 

与田剛が中日ドラゴンズの次期監督候補として浮上したワケ?森監督は辞任?



中日ドラゴンズの監督交代

 

中日ドラゴンズの監督問題は

谷繁元信さんが急に解任されたときから

続いています。

 

 

 

森監督が中継ぎのような感じで登板したものの

成績はあがりませんでした。

 

むしろ、選手を育成途中であった谷繁さんを

我慢強く使っていたほうが、良い成績に

つながっていたのではと感じるぐらいです。

 

過去のことは変えられないとして、森監督が

結果を出せなかったことで

交代することが確実な情勢となりました。

 

監督人事については、白井オーナーが

進めているとのこと。

 

しかしながら、親会社である中日新聞との

複雑な関係がいろいろと影響を与えている

ことを示唆しています。

 

いろいろな思惑が交錯しているとはいえ

チームが強くならなければ、親会社の

中日新聞にとっても悪い影響しかないでしょう。

 

ですので、感情だけで動くのではなく

冷静になって、中日ドラゴンズを強くするには

誰が適任なのかを考えて欲しいですね。

 

ファンとしては、中日ドラゴンズの強い姿を

見たいのであって、親会社と子会社の間の

ゴタゴタはどうでもいいこと。

 

ファンファースト、チームファーストで

物事を考えていただきたいものです。

 

そうすることが、親会社である中日新聞にも

利益をもたらすことは言うまでもありません。

 

与田剛が中日ドラゴンズの次期監督候補として浮上したワケ?森監督は辞任?

与田剛が次期監督候補に!

 

シーズンも終了に近づき、Bクラスが決定

したことで、次期監督の人事が慌ただしく

なってきました。

 

次期監督候補として、与田剛さんの名前が

急浮上。

 

 

 

では、なぜこのタイミングで与田剛さんの

名前があがったのでしょうか。

 

いろいろな人の名前があがっているなか

やなり、投手出身であることが大きい

気がしてなりません。

 

なぜなら、中日ドラゴンズは投手陣を再建

することが急務だから。

 

そう考えていくと、楽天の2軍投手コーチを

務めていることで、投手育成にも明るい点が

気に入られているのでしょう。

 

今回、与田剛さんの名前があがったことを

受けていろいろな意見がありました。

 

例えば、監督というより、投手コーチとして招聘

したほうがいいのでは?というような意見も。

 

また、頑張ってもらうしかないという意見も

あります。

 

反応は様々ですが、中日ドラゴンズの

オーナーとしては、投手陣の再建が一番の

課題であることから、与田剛さんを候補に

あげたことは間違いありません。

 

他にも候補の方がいらっしゃるようですので

今後どのように展開するのか

見守っていきましょう。

 

追伸:与田剛さんが中日ドラゴンズ次期監督に

就任しました。

 

現状からのチーム立て直しは、いばらの道かも

しれません。

 

ただ、ファンとしては大きな期待が持てます。

 

来シーズンの中日ドラゴンズの活躍が楽しみです。

 

与田剛が中日ドラゴンズの次期監督候補として浮上したワケ?森監督は辞任?

まとめ

 

ここまで、お伝えしてきましたように

与田剛さんが、中日ドラゴンズの次期監督候補

として名前があがっています。

 

投手出身であること、星野仙一さんと

同じようにNHKの解説者をしていたこと等

選ばれるにふさわしい実績を兼ね備えて

いるのです。

 

中日ドラゴンズの今の低迷ぶりを考えると

チーム再建はかなり難しい仕事。

 

誰を監督に据えたとしても、短期で見るのでなく

長期的にチーム再建を考えて欲しいもの。

 

3年から5年の長期計画でチームの再建を

考えることが、回り道のようで最短最速である

と言っていいでしょう。

 

1年、2年で結果が出なかったからと言って

すぐに監督交代などというゴタゴタは

起こさないで欲しいですね。

 

与田剛さんにせよ、他の誰かが監督になるにせよ

その辺のところをオーナーとよく話あったうえで

監督を引き受けていただきたい。

 

これは、中日ドラゴンズファン全員の総意と

言っても過言ではありません。

 

中日ドラゴンズファンは、強いドラゴンズを

そして、ドラゴンズの黄金時代を望んで

いるのですから。

 

「中日ドラゴンズの監督に関しては、こちらもご覧下さい。」

立浪和義が中日ドラゴンズの次期監督では?と囁かれる最大のワケ!

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です