毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則

ちょっとしたアイデアで毎日の生活を楽しくする!

毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則
Pocket
LINEで送る

阪神次期監督は?2019年金本知憲以外で虎を優勝に導ける人材はいるのか?

2018年10月12日 [ 2019 次期監督 阪神 ]
阪神の次期監督について
Pocket
LINEで送る

 

金本知憲監督が辞任しました。

 

最下位が決定したときは、続投の方針

だったよう。

 

これが一転して退任ということに

なったのです。

 

若手を育成中だっただけに、虎ファン

としては続けて欲しいという声も

ありました。

 

しかしながら、退任ということになった以上

次期監督について考えなければなりません。

 

ここでは、2019年のシーズンに

金本知憲さん以外で虎を強くすることが

できる人材がいるのかについて論じます。

 

阪神ファンのあなたは必見です。

 

「プロ野球次期監督問題では、こちらの記事も人気です。」

与田剛が中日ドラゴンズの次期監督候補として浮上したワケ?森監督は辞任?

 

阪神次期監督は?2019年金本知憲以外で虎を優勝に導ける人材はいるのか?



阪神次期監督は誰か?

 

では、誰が阪神次期監督に

なるのでしょうか。

 

今シーズン最下位で終わっているだけに

監督を引き受けるほうもかなり考えて

しまうのではないでしょうか。

 

金本知憲さんが監督を継続するので

あれば、今シーズンの手ごたえから

来シーズンにつなげることを考える

ことができます。

 

しかしながら、今シーズンを外から見ていた

だけの人では、なかなか難しいかもしれません。

 

最下位からの復活というのは、そんなに簡単

ではないのは、言うまでもないでしょう。

 

そう考えていくと、阪神の次期監督を

引き受ける人というのは、よっぽど自信を

もっている人に限られます。

 

また、2019年に結果を出すというより

長期計画でチームを押し上げることが必要。

 

そのあたりの交渉をキチンとすることが

可能な人でないと、1,2年ですぐに

退任ということになりかねません。

 

ぜひ、長期計画と壮大なチーム強化の

ビジョンを持っている人に監督を

引き受けていただきたいものです。

 

阪神次期監督は?2019年金本知憲以外で虎を優勝に導ける人材はいるのか?

2019年金本知憲以外で阪神次期監督として有能な人材は?

 

では、金本知憲さん以外で有能な人材は

誰なのでしょうか。

 

まず第一に考えらえるのは、矢野燿大さん。

 

阪神の2軍監督として大活躍しました。

 

矢野燿大さんは、2軍監督とは言え

チーム内にいたわけですから、金本監督

とのやり取り等で、一軍のチーム事情を

一番良く知っている人材です。

 

金本知憲さんの意図をスムーズに引き継ぐ

ことができる一番いい人材と言って

いいでしょう。

 

矢野燿大さんは、2軍監督として抜群の成績を

残しています。

 

8年振りのリーグ優勝、ファーム日本選手権を

12年振りに制したのです。

 

2軍と1軍との違いがあるにせよ、金本監督は

生え抜きを育てていたという点において

まさしく適任と言えるでしょう。

 

矢野さん以外にも、掛布雅之さん

岡田彰布さん等の名前もあがっています。

 

しかしながら、世代的に言っても

矢野燿大さんが適任です。

 

追伸:矢野燿大さんが阪神タイガースの

次期監督に就任しました。

 

やはり、ここで指摘した通り、矢野燿大さんが

適任だったのでしょう。

 

来期は新監督になるチームがいくつかあるので

どんな戦いになるのか楽しみですね。

 

阪神タイガースが生き返ることで

セントラルリーグを盛り上げて欲しいもの。

 

来期の阪神タイガースの活躍を期待しましょう。

 

阪神次期監督は?2019年金本知憲以外で虎を優勝に導ける人材はいるのか?

阪神次期監督決定前にオーナーも辞任

 

金本知憲さんの辞任とともに、オーナーの

坂井信也さんが退任されます。

 

勝負の世界は厳しく、結果がともなわなければ

監督のみならず、オーナーもやめなければ

ならないのでしょう。

 

現場で直接指揮をしている監督には

直接的な責任がある一方で、オーナーは

外からチームが戦いやすくする責任が。

 

だとすると、現場の監督が責任をとる場合は

オーナーも同時に責任をとることはとても潔い。

 

阪神以外の球団もこの方式を取り入れて欲しい

ものです。

 

なぜなら、この方式をとれば、監督だけでなく

オーナーも本当の意味で勝利に必死になるから。

 

阪神次期監督は?2019年金本知憲以外で虎を優勝に導ける人材はいるのか?

まとめ

 

今回は、金本知憲さんの辞任を受けて

次期監督は誰が適任なのかを考えてみました。

 

候補者の名前があがっているなかで、一番

適任なのは矢野燿大さん。

 

阪神の二軍監督として活躍しただけでなく

これまでの指導者としての実績から言って

当然の結論でしょう。

 

金本知憲さんの意図を一番わかって

いるだろうということもお話ししました。

 

実際に誰が阪神の監督になるのか

楽しみにしていて下さい。

 

発表があったら、すぐにお知らせします。

 

2019年以降に阪神タイガースが復活の

のろしをあげることができる人材だと

いいですね。

 

「プロ野球次期監督問題では、こちらの記事も人気です。」

与田剛が中日ドラゴンズの次期監督候補として浮上したワケ?森監督は辞任?

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です