毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則

ちょっとしたアイデアで毎日の生活を楽しくする!

毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則
Pocket
LINEで送る

入管法改正のポイントと日本人労働者の就職・転職への影響と対策

2019年10月28日 [ 入管法改正 ポイント ]
入管法改正のポイント
Pocket
LINEで送る

 

入管法が改正され

『今後どのように

日本の労働市場が変わっていくのか』

気になっていませんか?

 

実は、この記事で紹介する

『入管法改正のポイント』を知ると

日本人の就職、転職への影響を

垣間見ることができます。

 

なぜなら、入管法の改正により

多くの外国人労働者が日本で働きやすく

なり、日本人にも大きな影響が

あるからです。

 

この記事では、入管法改正により

日本人にどのような影響があるのか

を紹介し、具体的にどんな対策を

打てばいいのかをお伝えします。

 

記事を読み終えると、入管法の改正により

一切悪影響をうけることがなく

外国人労働者とともに楽しく日本を盛り上げて

いくことができます。

 

「就職・転職を有利に進めるには、こちらの記事をどうぞ」

就活履歴書に趣味・特技DIYと書いた人が面接官にアピールするポイント

 

入管法改正のポイントと日本人労働者の就職・転職への影響と対策



入管法改正のポイント

 

入管法改正のポイントは、ずばり

人手不足です。

 

もう少し具体的に言うと、少子高齢化により

生産年齢人口が減少に一途をたどっている

ということ。

 

生産年齢人口とは、ひらたくいうと労働する

ことができる人の数です。

 

生産年齢人口は、15歳以上65歳未満ですが

義務教育を終えてすぐに働く人は少ないので

実質的にはもう少し年齢が高くなると

言ってよいでしょう。

 

人手不足で倒産してしまう企業が多く

日本の生産力が低下していることから

政府は入管法を改正したのです。

 

ここからは、入管法がどのように

改正されたのか簡単に見ていきます。

 

本当に大雑把な言い方をすると

日本で働ける外国人の枠が広がり

日本で働きたい外国人にとっては

千載一遇のチャンスができたのです。

 

物価の安い国に行けば、一般的な

日本人でも大金持ちという話は

聞いたことがあるでしょう。

 

ということは、物価が安い国の人達は

日本で稼いで自国の家族の暮らしを楽に

してあげたい人が大勢います。

 

そんな国の人達が、今回の入管法改正により

日本の労働市場に参入してくるのです。

 

もちろん、今現在でも私たちが普段利用する

コンビニやスーパー、その他の場所で

外国人労働者の方々をよく見るのでは

ないでしょうか?

 

今後は、もっともっと多くの外国人の方が

日本にやってきます。

 

それも、今まで以上に日本語や働くために

必要な技能を身に着けた方がやってくるのです。

 

次項では、日本の労働市場はどうなるのかを

見ていきます。

 

入管法改正のポイントと日本人労働者の就職・転職への影響と対策

入管法改正による日本人への影響

 

さて、日本で働くための技能を持った

外国人の方々がたくさんやってきたときの

日本人への影響は、就職や転職の

競争相手が増えることです。

 

採用する側としては、日本語ができて

技能をもった人なら、外国人であっても

なんら問題ありません。

 

日本人も外国人も同じスタートラインに立って

就職活動に望むことになります。

 

日本人と外国人の就職希望者が来たとき

外国人のほうが能力が高いと判断すれば

容赦なく、外国人を採用するでしょう。

 

経営者としては、当然の判断です。

 

なぜなら、グローバル化した現代では

もう古くからの島国意識は経営者には

ありません。

 

少しでも戦力になる人材を採用するのは

しごく当然のことです。

 

人手不足による倒産を回避し、生産力を

あげて会社を回していくには日本人だから

とか外国人だかとかは関係ありません。

 

今回の入管法改正により、経営者にとって

このようなことが可能になったのです。

 

入管法改正には、問題点があるとして

反対意見も多くあるようですが

経営者にとっては、優秀な人材を確保

することができればいいのです。

 

なぜなら、優秀な人材を確保して

世の中に貢献できるビジネスを

継続したいから。

 

繰り返しになりますが、入管法改正により

日本人の就職、転職は競争が激しくなります。

 

人手不足とは言っても、企業は戦力に

ならない人材は決して採用しません。

 

そう考えていくと、おのずと日本人で

ある私たちが打つべき手が見えてくる

でしょう。

 

次項では、私たち日本人はどうすれば

いいのかを見ていきます。

 

入管法改正のポイントと日本人労働者の就職・転職への影響と対策

日本人労働者が打つべき対策

 

日本人が打つべき対策は大きく分けて

2つあります。

 

1つは、採用される側ではなく

採用する側にまわること。

 

つまり、自らが経営者になるということです。

 

2つめは、特殊技能を身につけておくこと。

 

特殊技能は、半端なレベルではなく

誰にも負けないぐらい高いレベルに

しておかなければなりません。

 

例えば、英語だったらTOEIC満点を

とっておくとか。

 

資格や趣味等でも最高レベルの級位まで

到達しておく等です。

 

中途半端なレベルでは、就職、転職は

おぼつきません。

 

そんなレベルだとしてたら、優秀な外国人が

たくさんいるわけですから。

 

ちょっと厳しい話になりましたが・・・

 

ただ、外国人労働者の問題だけでなく

単純作業は、AIにとって代られる時代に

入っていることも考え合わせると

当然の結論なのです。

 

日本人がとるべき対策としては

 

1.経営者になる。

2.誰にも負けないぐらい高いレベルの特殊技能を持つ。

 

です。

 

この2つは、くれぐれも肝に銘じて下さい。

 

入管法改正のポイントと日本人労働者の就職・転職への影響と対策

まとめ

 

入管法改正により、日本人労働者にどういう

影響があるのか見てきました。

 

ポイントをまとめると、政府が入管法を

改正したのは、人手不足で日本の生産力が

落ちていることを危惧したから。

 

この改正により、日本語ができて技能がある

外国人が多く日本に入ってきます。

 

入ってくる外国人の方々は、ハングリー精神に

満ち溢れていてモチベーションが高い。

 

すると、経営者はやる気にみちた外国人を

採用することになります。

 

日本人である私たちは、自らが経営者になるか

誰よりも高いレベルの技能を身につけて

おかなかれば生き残ることができません。

 

今すぐ、取り掛かりましょう。

 

そして、日本に協力してくれる外国人の

方々とともに日本を盛り上げていくことが

私たち日本人の役割です。

 

「就職・転職を有利に進めるには、こちらの記事をどうぞ」

就活履歴書に趣味・特技DIYと書いた人が面接官にアピールするポイント

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です