毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則

ちょっとしたアイデアで毎日の生活を楽しくする!

毎日を心地よく過ごすためのシンプルな鉄則
Pocket
LINEで送る

就活履歴書に趣味・特技DIYと書いた人が面接官にアピールするポイント

2018年07月30日 [ 趣味 就活 履歴書 DIY ]
履歴書の趣味・特技欄にDIYと書くメリット
Pocket
LINEで送る

就活履歴書の趣味・特技欄にDIYと書いたとき

『面接でどのようにアピールすればよいか』と

悩んでいませんか?

 

実は、この記事で紹介する

『趣味・特技DIYと書いた人が

面接官にアピールするポイント』を

実践すると、面接官の心を揺さぶる

ことができます。

 

趣味・特技欄を最大限に生かすことが

あなたの内定獲得につながるのです。

 

この記事では、趣味・特技欄にDIYと

書いた人がアピールするポイントについて

具体例を挙げながら解説します。

 

記事を読むと、趣味・特技DIYを最大限に

活かして、いくつもの内定を獲得できるでしょう。

 

「就職前も就職後も学びは一生続ける必要があります。ビジネス学校の選び方はこちらを参考にして下さい。」

ビジネスを学ぶための学校を社会人はどのように選べばいいのか?

 

就活履歴書に趣味・特技DIYと書いた人が面接官にアピールするポイント



趣味・特技DIYが就活に有利な理由

 

DIYとは、ご存じの通り

“Do It Yourself”の略。

 

そう、なんでも自分でやってしまう

ということです。

 

だからこそ、面接官にアピールすることが

できます。

 

最近では、家のリフォームまで自分で

やっている例もあるぐらいです。

 

テレビ番組でもDIYをとりあげている

番組が多数あります。

 

こうした番組を見ていると

DIYをやっている方々に共通していることが

あるということに気づくでしょう。

 

森泉さんやヒロミさんは、本当に見事な

DIYを披露してくれます。

 

その中かで、つくづく感じることは

ものすごい工夫をしているということなんです。

 

あなたが、面接官だったとして、そんなふうに

工夫のできる人がいたとしたら、スタッフとして

採用したいと思うのではないでしょうか。

 

自分で工夫できる人間かどうかを面接官に

アピールするうえで、趣味・特技が

DIYであることが有利に働くのです。

 

就活履歴書に趣味・特技DIYと書いた人が面接官にアピールするポイント

趣味・特技DIYを履歴書に書いたときのアピールポイント

 

趣味・特技DIYを履歴書に書いたときのアピールポイント

趣味・特技DIYを履歴書に書いたときのアピールポイント

 

趣味・特技欄にDIYと書いた場合の

アピールポイントはあなたの創意工夫です。

 

面接官が趣味欄をみて、気になれば

いろいろと質問してきます。

 

そのときに、何を自分で作って

どのような工夫をしたのか。

 

また、どうしても手に入らない材料が

あったので、他のもので代用したところ

うまくいった。

 

のように、自分がDIYをやってきて

どんな工夫をしてきたのかをアピール

するのです。

 

すると、この人は仕事においても

いろいろな工夫をしたり、応用をしたり

することができると評価します。

 

そうなればしめたものです。

 

就活履歴書に趣味・特技DIYと書いた人が面接官にアピールするポイント

趣味・特技DIYのレベルを守破離で表現

 

あなたは、「守破離」という言葉を

ご存じでしょうか。

 

守破離について書かれた本もたくさん

あります。

 

ウィキペディアによると

 

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」

ところから修行が始まる。その後、その型を

自分と照らし合わせて研究することにより、

自分に合った、より良いと思われる型を

つくることにより既存の型を「破る」。

最終的には師匠の型、そして自分自身が

造り出した型の上に立脚した個人は、

自分自身と技についてよく理解しているため、

型から自由になり、型から「離れ」て

自在になることができる。

(引用元 ウィキペディア より)

 

となっています。

 

つまり、何が言いたいかというと

面接官が趣味・特技欄から見ているのは

この人物は「守破離」で言えば

どこまでいける人材なのかということ。

 

もちろん、型から「離れ」て自在に

なることができる人材であれば

いうことはありません。

 

つまり、DIYにおいて、どのような工夫を

したかによって、「守破離」のどの段階まで

いける人材かを判断しているのです。

 

あなたが、趣味・特技DIYで到達したレベルまでは

採用後の仕事でも到達できるということ。

 

入社すれば、当然、型を守るところから

スタートするでしょう。

 

しかしながら、どこの企業も即戦力が

欲しいわけですから、なるべく早く

破り、そして離れてほしいのは言うまでも

ありません。

 

ですので、履歴書の趣味・特技欄では、自分が

いかに早く「守破離」の離に到達することが

できる人材であるかをアピールして下さい。

 

就活履歴書に趣味・特技DIYと書いた人が面接官にアピールするポイント

趣味・特技DIY履歴書まとめ

 

DIYのような趣味・特技で、今までお話し

してきたようなポイントをアピールすれば

否が応でも、面接官の心を揺さぶることが

できるでしょう。

 

もちろん、あなたの経歴等をみて理論的に

考えている場面もあります。

 

しかしながら、人間は感情の生き物。

面接官も人間です。

 

一番大切なことは、感情をゆさぶるということ。

 

これができてしまえば、面談中の会話も

盛り上がるでしょう。

 

会話が盛り上がるということは

コミュニケーション能力もあると見なされます。

 

そうなれば、DIYという趣味でアピールした

工夫する力とともに、さらに面接官の評価が

上がっていくことでしょう。

 

内定を複数とって、自分が会社を選ぶことが

できる立場になれること間違いなしです。

 

「就職前も就職後も学びは一生続ける必要があります。ビジネス学校の選び方はこちらを参考にして下さい。」

ビジネスを学ぶための学校を社会人はどのように選べばいいのか?

 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です