大丸別荘レジオネラ口コミ

山田真自死「罪からの逃避、後継者が困惑」便所より汚いお湯提供

yamadamakotojishi大丸別荘レジオネラ口コミ

福岡県筑紫野市の老舗旅館「二日市温泉・大丸別荘」の山田真前社長が死亡しました。遺書が発見されているので自死と見られています。この記事では、山田真社長はなぜ自殺したのか、遺書、自死した場所や方法等について独自の情報網からズバッとお伝えします。

大丸別荘レジオネラ口コミ「低評価のコメント無視」

山田真自死「大丸別荘レジオネラ属菌」事件の概要

二日市温泉・大丸別荘の山田真前社長(70)が死亡しました。遺書が残っていたことから、自死とみられています。

yamadamakotojishi

福岡県筑紫野市の老舗旅館「二日市温泉・大丸別荘」が大浴場の湯を年2回しか入れ替えず、県の調査に虚偽の説明をしていた問題で、福岡県警は12日、同旅館の山田真・前社長(70)が死亡したと明らかにした。

引用元:読売新聞オンライン

山田真前社長は、大浴場のお湯を年2回しか取り替えていなかったことについて、レジオネラ属菌を「大した菌ではないという認識だった」と言っていました。そして、自らの指示て湯の入れ替えを止めていたのです。

大浴場の湯の取り換えを年2回しか行わず、基準値の3700倍のレジオネラ属菌が検出された、福岡の高級老舗旅館「大丸別荘」の山田真社長が会見を開きました。山田社長は「大した菌ではないという認識だった」とし、「湯の入れ替えはしなくてよい」と自ら指示していたということです。

引用元:テレ朝news

浴槽から基準値の3700倍のレジオネラ属菌が検出されたことから、大きな事件となっています。

yamadamakotojishi

大丸別荘の大浴場は、温泉を掛け流し、一部を循環濾過(ろか)させている。県条例では、連日使用型の循環浴槽は、すべての湯を取り換える「完全換水」を週1回以上行い、塩素濃度は1リットルあたり0・4ミリグラム以上にする必要がある。

しかし県などによると、大丸別荘は完全換水を年2回の休館日にしか実施せず、宿泊客らに入浴させていた。塩素注入も日常的に怠り、必要な濃度が保たれていなかったという。

大丸別荘では昨年、県保健所の検査で浴槽から基準値の最大3700倍のレジオネラ属菌が検出され、衛生管理状況が詳しく調べられていた。

引用元:Yahoo!ニュース

その後、福岡県が「二日市温泉・大丸別荘」と山田真前社長を刑事告発しました。県警が山田真前社長宅を捜索していますので、逮捕も間近だったはずです。

山田前社長は今月2日付で社長を辞任。県は8日、同旅館と山田前社長を公衆浴場法違反容疑で県警に刑事告発した。県警は10日、同法違反(虚偽の報告)容疑で同旅館と前社長宅を捜索した。

引用元:読売新聞オンライン

山田真前社長は、生きて責任を取るべきでした。

山田真自死「亡くなった場所」

山田真前社長が発見されたのは、福岡県筑紫野市内の山道です。

県警によると、同日午前6時55分頃、同県筑紫野市内の山道で山田前社長が見つかり、死亡が確認された。近くには山田前社長が使っていた車が止まっており、車内から遺書のような紙が見つかった。県警は自殺したとみている。紙には手書きで「申し訳ない 全ては自らの不徳のいたすところ あとはたのむ」と記されていた。

引用元:読売新聞オンライン

警察は、明確な場所は明らかにしていませんが、山道ということなので地図右上か左下のどこかということになります。

山田真自死「死因・自殺の方法」

山田真前社長は、自殺と見られていますが、どんな方法を使ったのでしょうか。警察は今のところ方法を明らかにしていません。ただ、車から降りていたので、野外で何らかの方法で自殺したと考えられます。情報が入りましたら、お伝えします。

ただ、山田真前社長には、逃避癖があったのです。。文春の取材を承諾したにもかかわらず、「週刊誌は怖いから面会は勘弁して!」と言い、結局、電話で話しただけでした。

2月27日、社長に話を聞こうと大丸別荘を訪問。すると「16時に戻るので対応します」と伝言があり、指定された時間に旅館の応接室へ通された。しかし、30分過ぎても社長は現れず。従業員から丁重な謝罪を受け、一旦旅館を出た。

その2時間後、社長から突然、記者に着信。

「いや怖い怖い。週刊誌は怖いから面会は勘弁して!」

と告げられ、電話でそのまま話を聞いた。

引用元:文春オンライン

このようなことから、山田真前社長の死因は、自身の心の弱さ、逃避癖と言っても過言ではありません。

山田真自死「遺書の内容」

そして、車内に遺書のような紙が残っていたと報道されました。

申し訳ない 全ては自らの不徳のいたすところ あとはたのむ

と記されていました。

警察が捜査に入り、これから事実が明確になっていく矢先の出来事です。

もし本当に自殺だとするなら、山田真前社長は、死んで償うのではなく、生きて自らの責任を取るべきでした。亡くなった方に言うのは酷なようですが、こんな結末を許すことはできません。

外木場大倫新社長もそう思っていることでしょう。

sotokobahiromichi

今後、外木場大倫新社長は、どのように責任を取っていくのか注目です。

山田真自死「世間の反応」

世間の人たちも、複雑な思いのようです。

後任の外木場大倫新社長、大丈夫かしら・・・

湯の入れ替えを怠ったことから自死に至るとは… 年齢的にもこのご時世の反響が これほどとは想像もしていなかったのでしょう 後任者も信頼回復の荷が重いですね 何とも複雑です…

他にも湯の取り替えをしてない温泉があるみたいだね。

自分が毎日行く温泉施設は先週急に大浴槽の水を抜いて一日使用停止となっていた。翌日今まで見たことがないくらい奇麗になっていた。大体想像がつく。 今回の事件で慌てた温泉施設は沢山あるでしょう。 山田前社長、自分で蒔いた種ですが仕方ないですね、ご冥福をお祈りいたします。
苦しくて周りを見る余裕は全くなかったんだろうけど、 問題を起こした旅館で総責任者である社長が自殺してしまっては、 今後、お客さんが喜んで再びその旅館に足を運ぶようになるのは、 さらに厳しくなるんじゃないかな。 どうするんだろ、この旅館。
旅館のパート従業員です。 勤務してる旅館の大浴場が昨秋温泉になりました。温泉導入にあたり役場や保健所の方が何度も来ていました。側で見ていても認可が降りるまで大変だったようです。 それを見て温泉施設って衛生管理が厳しいのだなぁと感じてたので、 なので、この様な不祥事が今まで見過ごされてきた事に驚きでした。 元社長さんが自殺されるほどに追い込まれたのはお気の毒で心痛みますが… 後に残された後継者が大変ですね。
うーん。「そりゃ違うだろう」という気持ちと、「そこまでせずとも」という気持ちが同居している。 とはいえ「分かってて入れ替えを怠った」わけだし世間から批難されるのはやむを得ないところなので、世間が叩いたから自殺したという整理もしづらい。 近隣の温泉なんかはきちんとしているだろうし、この施設も(これで廃業とかにならなければ)改めるだろうから、福岡の温泉をこれで見限らないでほしいところ。
これからの批判、取り調べ、裁判など、これからの長い道のりに、70歳のバレなきゃいいだろう、バレてしまいどうしようの前社長の精神力では、どのみち精神崩壊は免れなかったような気がする。罪を置いて自分は逃げてしまいましたが、それしか解放される方法はなかったでしょうね。それだけやらかした結果が重すぎるということです。お風呂を提供している事業所は責任を持って、安全に経営をしてください。

やはり、山田真前社長の自殺を逃げと感じる人が多いようです。

山田真自死「罪からの逃避、後継者が困惑」

山田真前社長が自殺したことに関しては、いろいろな見方があります。自らの罪を背負っての自殺、そうではなく、罪からの逃避という見方です。

厳しい見方だが、自身の罪を背負っての事とは思えない、 罪と今後置かれる立場に向かうことを避けただけのように思える。 ならば法令順守意識を持って日々商いをすれば良かっただろう・・・合掌

繰り返しになりますが、山田真前社長は生きて償うべきでした。

何故に、従業員が路頭に迷う事を…。最高責任者としての矜持は?。昨今のコロナで、厳しい労働環境の中、なかなか再就職先なんかありゃしない。死者に鞭打つ事は言いたくは無いが、あまりにも無責任。もっと前を見据えて考えて欲しかった。と、門外漢は思う。

生きてなければ、責任はとれないです。

責任逃れのようにも見えるが、前社長が自殺となると、マスコミの過剰な報道や一般人のSNSの心無い書き込みに対しては多少の抑止効果もあるだろうし、語弊のある言い方だが、死人に口無しで、残された人たちは今後の捜査や裁判等などで、本人に忖度せず “すべて前社長の指示です”、で通せるわけだし。 この人なりの責任のとり方なんだろうなと思う。

外木場大倫新社長は、「すべて前社長の指示です」などと言わず、前社長の死を無駄にせず、きちんと責任を取って頂くことを願います。

【追記】山田真前社長が記者に語った内容

山田真前社長は、以下のように記者に語っています。

――県保健所に虚偽の報告をした理由は?

「自主検査で十分に測らず、それで県に提出してしまった。甘く見ていた」

――塩素による消毒や清掃をしなかったのはなぜ?

「塩素のニオイがダメだった。昔から塩素を使っていないままやっていたので」

――不衛生だとは?

「何度も言い訳しますけど、1分間でお湯が70リットル、1日で100トンくらい。だいたいお湯が入れ替わってるんだから、いいんじゃないかって」

――基準値の3700倍のレジオネラ属菌が出ている。

「あれは、びっくりしました。本当にすいません」

――なぜ最初の指導で改善できなかったのか?

「いやそれは甘く見ていたからで、指示は全て私がしていました。お湯を入れ替えて、完全に(浴槽を)干す作業を怠っていました」

――いつから塩素注入と清掃をしていなかったのか。

「2019年頃です。その後コロナになって、お客さんも1組か2組で。それで、入れ替えなくなった部分はあります。そのまま何となく、おざなりになって……」

――温泉の利用客に対してどう思っている?

「お客様には本当にご迷惑おかけしました。今回のことで指導を受けて昨年12月から、清掃の業者と新しく契約して、ちゃんと湯を入れ替えて営業しています。今は、もう、ホントにちゃんと営業してますから!」

引用元:文春オンライン

「甘くみていた」、「塩素のニオイいがダメ」、「だいたいお湯が入れ替わってるんだから・・・」のような発言を聞いていると、本当に山田真前社長が甘々で、大雑把で、いい加減なのがわかります。

一度ぐらいは、甘さを捨て、今回のことに向き合って欲しかったです。もうそれも叶わず、甘々なままで人生を終わらせてしまいました。

大丸別荘レジオネラ口コミ「低評価のコメント無視」

ハッピーはげ

コメント

タイトルとURLをコピーしました